Entries RSS Comments RSS

グラフィックデザイナーを目指すなら


絵画

グラフィックデザイナーって何?

と、聴きなれない名前に疑問に思うでしょう。

ここでは、グラフィックデザイナーについて基本から解説していこうと思います。

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーは、広告やポスター、チラシなどの印刷物をデザインする仕事で、印刷物全般を幅広く手掛けます。

面白く分かりやすく伝えることを目的としておりますが、芸術的なセンスが問われる仕事でもあります。

また、デザイン上写真やイラスト、文章が関わってくるのでイラストレーター、コピーライターと協力して制作していきます。

なるには

現在ユーキャンなどの通信講座でも資格取得が可能ですが、専門学校で技術と知識を学ぶのが一般的になっています。

また、グラフィックデザインの多くがパソコン上で制作するのが主流となっているので、パソコンの基本的なスキルに加え、IllustratorやPhotoshopの操作をマスターしておかなければいけません。

専門学校などでは、グラフィックデザインに欠かせないこういったパソコン操作とデザインを学びます。

必要な資格

グラフィックデザイナーには、必ず持っておかなければいけない資格はありませんが、資格なしには技術の判定が出来ないので、資格取得は前提条件としてあります。

Illustratorクリエイター検定

Illustratorは、1~3級までの検定があります。

主に図形を書いたり編集するソフトで、写真を図形として取り込んで加工するしたりすることのできるソフトです。

広告・雑誌の編集作業には必ず使われるソフトなので、グラフィックデザイナーには必須スキルとなっています。

Photoshopクリエイター検定

Photoshopは、1~3級までの検定があります。

パソコンで取り込んだ写真を編集するソフトで、エフェクトをかけたり切り取りや引き伸ばしなど幅広く編集できるのですが、カメラで撮影したものに限られています。

Illustrator同様、編集には欠かせないソフトです。

DTP検定

DTPとは(Desk Top Publishing)の略称で、雑誌・資料作成に大いに役立つソフトです。

Illustrator、Photoshopで作成したデータを一括して編集できるすぐれ物。

今では、どの印刷物でも使用されているほど普及しており、グラフィックデザイナーには欠かせないソフトです。

と、これらがグラフィックデザイナーに必要な主な検定です。

このほかにもレタリング技能検定やCGクリエイター検定などがあります。

専門学校では、これらの資格取得に向けたカリキュラムと、卒業後の就職に向けて勉強します。

独学で出来ないわけではないのですが、就職や資格など効率的に考えてやはり学校に通うことが選ばれています。

グラフィックデザイナーを目指すなら